かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > 花咲がにとは?

花咲がにとは?

9B2VMqkFandRMw41453713448_1453713502

かに通販サイトで度々目にすることのある「花咲がに」ですが、この花咲がには他のかにに比べて認知度は低めです。実はこの花咲がにはかに通の間でなかなか手に入らない幻のかにとも呼ばれています。今回はそんな花咲がにについてご紹介致します。

花咲がにとは?

花咲がにはヤドカリ下目・タラバガニ科に分類される甲殻類でタラバガニと同じヤドカリの仲間とされています。

甲羅の形は少しへこんだハート型をしており大きさは15㎝ほどで甲殻類としては大きい部類に分類されてはいるがタラバガニ程大きくはありません、またタラバガニよりも身体のトゲは長く脚は太く短い、日本名の花咲は漁獲地となっている根室の地名「花咲」に由来するとする説が有力ですが、茹でた時に赤くなって花が咲いたように見える事からと言う説もあります。

花咲がにの漁期と旬の時期

花咲がにの漁は主に北海道とロシアで行われます。釧路では3月15日から7月31日、根室では7月から9月と漁期が限定されています。根室では毎年9月の第一土曜日と日曜日に花咲がにを使った「かに祭り」が開催され多くの観光客でにぎわいます。

またこの花咲がには資源保護の為に北海道ではカニカゴ漁で捕獲され花咲がにのメスと甲羅の長さが8㎝未満のオスの場合獲る事は禁止されおり、その為「メスの花咲がに」と書かれている商品は大変貴重なのです。

かにと言えば冬と言うイメージがありますがこの花咲がには夏がシーズンでズワイガニやタラバガニに比べ流通量が少なく値段も高価で夏のお中元にも最適でしょう。

花咲がにの味

花咲がにはタラバガニの仲間ですが味はずいぶん違います。 タラバガニやズワイガニと比べて独特の甘みと濃厚でやや癖のある味わいが特徴的です。花咲蟹の甘みは9月上旬になる程増し身が多くて美味しい花咲がにを食べるなら9月が狙い目でしょう。

花咲がにのメスの卵(内子・外子)その濃厚な味から知る人ぞ知る珍味とされており寿司酢やわさび醤油に付けて食べるのも非常に美味しく頂ける食べ方です。

この花咲がにのメスは市場に出回る事が本当に少ない為、もし販売されている所を見つけたら迷わず購入する事をおすすめ致します。

花咲がにの美味しい食べ方

花咲がにを通販で購入した際には殆どがボイル後に冷凍された状態で改めて茹でる必要はありません、そのまま食べるもいいですが焼いたり、鍋にするのも良いでしょう。

花咲がにの鉄砲汁

鉄砲汁は花咲がにを使った料理の中でも特に有名な食べ方です。

調理方法は簡単で花咲がにの殻を鍋に入れて適量の水をいれます、煮立ったらカニの殻を取り出し花咲がにの身が入った足の細い部分を野菜と一緒に入れます。野菜に火が通ったら弱火にして豆腐と長ネギを入れ味噌を溶かして最後に酒で風味を付ければ出来上がりです。

花咲蟹の鉄砲汁

花咲がにの内子・外子の醤油付け

花咲がにのメスはめったに市場には出回りませんがその卵(内子・外子)は濃厚な味わいで珍味として有名です。

そのまま食べるのも良いですがわさび醤油を垂らすとより美味しくいただけます。 そして一度で全部は食べられないと言う方におすすめの調理方法が醤油漬けです。

調理方法としては内子、外子を共に水洗いしフキンやキッチンペーパーなどを使って水けを切ります、フタがしっかりと出来る保存容器に内子と外子を入れ醤油をひたひたに入れ冷蔵庫で1~2日置き、ペーパータオルをひいたザルに並べしっかりと醤油を切れば出来上がりです。

花咲蟹の内子外子