かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > 花咲ガニを通販で購入する前に知っておきたい事

花咲ガニを通販で購入する前に知っておきたい事

kaniyosihanasakigani1

かに通販サイトでよく見かける「花咲ガニ」はタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニなどの他のかにに比べて認知度は低めですが、かにが好きな人の一部の方からは「なかなか手に入らない幻のかに」と言われています。今回はそんな通販でもなかなかお目にかかる事の出来ない花咲ガニについてご紹介しましょう。

花咲ガニとは?

実は花咲ガニはかにといってもタラバガニと同じで名前に「かに」とついていますがヤドカリの仲間に分類されます。
甲幅・甲長とも15cmほどで、甲殻類としては大型だがタラバガニほどではない程の大きさです、甲羅の部分は少しへこんだハート型をしていてタラバガニよりも体のトゲが長く脚は太くて短いのが特徴的です。

和名の「ハナサキ」は、漁獲地となっている根室の地名花咲」に由来するとする説が有力ですが、茹でた時に赤くなって花が咲いたように見えるからという説もあります。

また別名としてコンブの生えている海域に生息する事からコンブガニとの別名もあります。

花咲ガニの旬な時期は?

花咲ガニの漁は、主に北海道とロシアで行なわれており、漁期は地域によって違い釧路は3月15日~7月31日、根室では7~9月と漁期が限られています。

根室では毎年9月の第一土曜日と日曜日に花咲ガニを使った「かに祭り」が開催されて、多くの観光客で賑わいます。

そしてかには冬のイメージが強いですが、花咲ガニは夏が旬の時期でズワイガニやタラバガニに比べて、流通量が少なく値段も高価なので、かに好きな人へのお中元にも最適です。
また資源保持の為、北海道ではカニカゴ漁では、毛ガニ・花咲ガニはメスと甲羅の長さが8cm未満のオスかにを獲ることは禁止されています、その為「メスの花咲ガニ」と書いてある商品は、大変貴重で漁期を過ぎるとロシア産や冷凍物が多く市場へ流通するようになります。

花咲ガニの美味しい食べ方

「花咲ガニはタラバガニの一種」と書きましたが、実際の味は随分と違い、ズワイガニやタラバガニと比べて、独特の甘みと濃厚でやや癖のある味わいが特徴的です。
またかに身の旨味成分アルギニンと、甘味成分のプロリンは、9月上旬になるほど量が多くなり、身が多くて美味しい花咲ガニを食べるなら9月ごろに収穫された物が良いでしょう。

花咲ガニのメスの卵(内子、外子)は、その濃厚な味から珍味とされています。
すし酢やわさび醤油を少し付けて食べても美味しいですし、花咲ガニのメスは市場に出回ることが本当に少ないので、販売されていた時に迷わず注文する事をおすすめしています。

花咲ガニの食べ方として有名なのが「鉄砲汁」かにの入ったみそ汁のことで、足をぶつ切りにして、みそ汁に入れ豪快ながら、かにの味を存分に味わえる食べ方の一つで他にもかにチャーハン、カニ鍋、天ぷら、甲羅酒などにして食べます。
そして食べる際の注意として花咲ガニは殻部分が無数のトゲで覆われているので、殻のある状態でのかぶりつきはやめておきましょう。きちんと身を取り出して、食べることで怪我を防ぐ事が出来ます花咲ガニを食べる時は、軍手ほかにハサミまたはキッチンハサミは必須アイテムです。

花咲蟹の鉄砲汁