かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > かにの上手な食べ方

かにの上手な食べ方

howto-zuwai-img02

かにの上手な食べ方をチェック

かにを上手に食べたいならしっかりとしたかにのさばき方を覚えておきましょう、せっかくかに通販を利用したのにさばき方がわからなければもったいないですよね、実際茹でた毛がにの味噌の取り出し方や、茹でタラバガニのさばき方は決して難しくはありません、キッチンバサミがあればご家庭で上手にかにをさばく事が出来ます。

かにの食べ方

気を付けなければいけないのが、かににはガニというエラの部分があり食べる事が出来ない部分なので切り離しておく必要があります、かに鍋にする際も同様に切り落しましょう、かにのふんどし部分にはおいしい身が入っているので間違えても捨てないでおきましょう。また毛がには勢いよく甲羅をはがそうとすると味噌をこぼしてしまうので慎重に取り外すよう注意が必要です。

毛がにの殻はタラバガニやズワイガニに比べると硬くはさみで切れ目を入れても、足の先にある身をきれいに取るのが難しいかもしれません、ですのでさばく時は足の先まで両側にやや大きな切れ目を入れておくと身を取りやすくなるでしょう。

では次にかにをおいしく上手に食べる方法をご紹介します。

かにの上手に茹でる方法

らっしゃいかに市場で取り扱っている商品のほとんどがボイル済みと表記されておりこれは産地などで茹でられ急速冷凍されたかにでそのまま解凍し召し上がる事ができます。ですがもし活きたかにを購入したりいただいた場合はご自宅で茹でる必要があります。かにを茹でる際の一番のポイントは塩加減です、塩の濃度はかにの種類によって違いタラバガニ・ズワイガニは4%の塩分濃度で毛がには3%~4%程度(3%は1リットルの水に対して塩30グラム、4%なら40グラムです)家庭用の鍋ではお湯が沸騰してから塩を入れるのがポイントです。

かにの上手な食べ方-かに鍋編

かに鍋をする時は、かに独自のプリプリした食感を楽しむ為にも、かにに火を通し過ぎない事がポイントとなります、ですので足を切り落す際に斜めに切り口を入れるようにしてかに全体に切り目を入れない事が大切です。この方法でもしっかりとおいしい出汁はとれますしかにが身崩れを起こす心配もありません、また一度ボイルされているかにで鍋を作るときは鍋が出来上がったあとに軽く温めるだけにしておきましょう、加熱をし過ぎてしまうと身ばパサパサする原因となるので注意しましょう。

もしかにをさばくのが面倒であればすでにカットされている商品もございますのでそちらの購入を検討してみましょう。

かに鍋

かにの上手な食べ方-ボイル編

茹でたかには茹でた直後より半日または1日以上たってからの方が旨味成分のアミノ酸が増すといわれており茹でたてのホクホク食感は、かにを食べる上でも最大の魅力でしょう、ですが通販で購入時にボイルと記載されている商品は一度出荷前に茹でられているので再度加熱をしてしまうとうま味成分を逃してしまい食感もパサパサしてしまうのでしっかりとした手順で解凍を行いかに本来の味を楽しみましょう。

ボイル毛蟹

かにの上手な食べ方-焼きがに編

かにを焼いて食べる場合は主にタラバガニかズワイガニを使用します、かにを焼く事により潮風と香ばしさがまざったような香りが漂いバーベキューなどの際は大いに食欲を誘う事でしょう、またビールと合わせて食べるのにもっとも合うのがこの焼きがにです、ですが焼きがにをおいしく食べる注意点として焼きすぎないよう注意が必要です、一般的にかにはお刺身やしゃぶしゃぶとしても食べられるので焼き過ぎてしまうと味そのものを失ってしまいます、ですので半生くらいの焼き加減で丁度いいでしょう。(ボイルされているかにの場合はすこし温めるくらいの焼き加減がおすすめです。)

焼き蟹

かにの上手な食べ方-蒸しがに編

かにの食べ方には焼く以外にかにを蒸して食べる方法があります、かにを蒸す事で旨味をそのまま閉じ込め凝縮させかに汁の濃厚なエキスを堪能する事の出来る贅沢な食べ方が出来きるので焼きがにとは違ったかにの美味しさを発見する事が出来るでしょう。もしご自宅に蒸し器等があるのであれば挑戦してみましょう。

蒸し蟹

かにの上手な食べ方-かにしゃぶ編

かにの風味、食感を楽しむならかにしゃぶもおすすめの食べ方です、かにしゃぶを通販で購入するなら、あらかじめ足の部分がむいてあるむき身がおすすめです、そのまま刺身醤油につけて刺身として食べたり昆布でダシをとった鍋で泳がせポン酢でかにしゃぶを楽しむ事も出来ます。かにしゃぶのあとは野菜を入れ最後はかに雑炊と一度で三種類の食べ方を楽しむ事が出来き家族そろってかにをいただく際にはかにしゃぶを検討してみてはいかがでしょうか。

かにしゃぶ

かにの上手な食べ方-まとめ

かには冬の味覚というイメージが世間一般で広まっていますが実は種類によって旬の時期は違います、北海道でとれるズワイガニは夏場の時期が旬であり、毛がには夏と冬の二つの時期が旬の時期と言われています。ですのでかには意外にも一年を通して食べれる食材なのです、特に夏場のバーベキューや海のレジャーが盛んな時期に焼きがになどでかにを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

ご注文・お問い合わせはこちら│03-3377-6886