かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > かに通販でタラバガニをお取り寄せ

かに通販でタラバガニをお取り寄せ

たらば蟹

かに通販人気商品タラバガニとは

タラバガニは甲羅が25㎝ほどと大きく外見上脚は8本となりズワイガニや毛がになど他の蟹と比べて脚の本数は2本少ないが脚は長くて太く広げれば1mを超えるほど非常に大きく全体がトゲに覆われている。

大きさ食べ応え
★★★★★5
★★★★★5
★★★★☆4
  • タラバガニの特徴
    生息域
    海水生。北海道周辺。オホーツク海、カムチャッカ、ベーリング海、アラスカ沿岸の北極海。北にいくほど生息水深が浅くなるのが特徴
    市場での評価
    雄が高価で雌は安く活け、茹で蟹、冷凍などで年中流通しており値段は国産は非常に高く輸入ものでも雄で大きければ高値で取引されている。
    生態
    タラバガニの雌は4月から6月に浅場で産卵しまた同時期に雄雌問わず脱皮をする。タラバガニは脱皮を繰り返しながら大きくなり甲羅が20センチになるには16年〜17年くらいかかる。
分類
十脚目(エビ目)- 異尾下目(ヤドカリ下目)- タラバガニ科 (en) – タラバガニ属 (en) に分類される甲殻類の一種(1種)
学名
Paralithodes camtschaticus
外国名
Red king crab
日本名の由来
マダラ漁の網によくかかってき事からマダラの棲息する深海にいる蟹という意味でカタカナでタラバガニと書くのが一般的ではあるが「たらばがに」「鱈場蟹」と書くと本来とされているすなわち「鱈場」マダラの釣れる場所その「鱈場」にいる蟹としてタラバガニと呼ばれるようになった。


タラバガニ漁の映像

タラバガニは日本国内では主に北海道が産地とされておりますがやはり産地として有名なのがロシアやアラスカなどベーリング海が有名でしょう。ディスカバリーチャンネルで放映されている一獲千金のカニ漁のドキュメントは、まさにタラバガニをめぐる漁師たちの話です。
タラバガニは味も身の量も超一流だから世界で高値で取り引きされるため、命懸けで漁をする価値が有るわけです。興味がある方はこちらの動画を見てみましょう。

タラバガニのオスとメス

項目タラバガニのオスタラバガニのメス
平均価格10000円7000円
大きさメスと比べて一回り以上大きいオスと比べて一回り以上小さい
見た目の違い
お腹部分のふんどしが小さく三角形の形をしている
お腹部分のふんどしが大きく扇形の形をしている
エビに似た味食べ応えがあり、満足感が高い
食べ応えはオスほどではないがメスの持つ内子・外子(卵)は珍味として非常に人気が高い
オスとメスの違いメスタラバガニの内子・外子
タラバガニアブラガニメスタラバガニ内子外子

上記でまとめた通りタラバガニのオスとメスでは値段から大きさ、見た目の違い、味など様々な違いがみられました。
タラバガニのメスはかに通販サイトなどでもなかなかお目に掛かる事が出来ないのでもし見つけたのでまた違った楽しみ方も出来るので購入を検討してみてはいかがでしょうか?

タラバガニの産地と旬

日本国内でタラバガニの産地と言えば北海道ですがかに通販サイトなどで販売されているタラバガニは主にロシア(オホーツク海)やアラスカ(ベーリング海)です。
しかし近年日本国内では禁漁区や決まった期間でしか漁が出来ないのに加えて日露密輸防止協定により日本に輸入されるタラバガニが激減し代わりにアラスカ産やカナダ、ノルウェー、アルゼンチンなど様々な産地で水揚げされたタラバガニが流通するようになりました。

北海道産

  • 4Wn-NAd6
    北海道は主に網走、羅臼などでタラバガニが水揚げされております。
    北海道にはオホーツク海の流氷が流れ、非常に栄養価の高いブラントンを運んできます。そのため、国内で漁獲されるタラバガニは栄養価の高い身の引き締まったタラバガニと言われております。
    また外国から輸入したタラバガニと比べ空輸する時間など加工までの時間を考えると北海道産であれば水揚げ直後に加工して、カニの旨みをあまり落とす事なく全国へ流通する事が出来ます。
    ですが、北海道近海では禁漁区や禁漁期間の影響があり、あまり北海道近海では獲ることができません。
そのため、日本の漁船でもオホーツク海まで行って漁獲をする事が多くオホーツク海で獲った魚でも、日本の船が獲れば日本産、外国の船が獲れば外国産と言う表記になってしまうのでオホーツク海で獲ったタラバガニについては、北海道産として販売されていても、基本的に味はロシア産と変わりません。現在オホーツク海には日本船はほとんど入れない事になっております。
その他にも産地に「羅臼産」「国産」などの記載があったとしてもよく見てみれば原産地は海外で、国内で加工したものというケースも多くみられます。
現在では北海道近海で獲れたタラバガニはほとんど市場に流通しませんので正真正銘の国内産タラバガニを食べたいなら北海道へ足を運びましょう。

ロシア産

  • 4124
    実はタラバガニの中でも一番美味しいと言われているのがロシア産です。
    なぜかと言うとオホーツク海の流氷には、タラバガニの餌となるプランクトンが大量に付着しており春になると流氷が溶けてプランクトンが爆発的に増殖しタラバガニの餌場と化します。
    餌を沢山食べたタラバガニは大きく健康的に成長し、旨味の強い最高品質のカニとなるのです。
    またロシア産のカニは、活きたまま日本に輸入されて、日本の業者によって塩茹でされ急速冷凍を行います。
    タラバガニは茹で、塩加減が大切と言われますが、日本で加工される為味にも問題なく安心して食べる事が出来ます。ただし、流通まで手間がかかる分だけ少々割高になります。

アラスカ産

  • ea5298f1
    タラバガニは極寒の地域で獲れたものが美味しいといわれており、アラスカ産のタラバガニもサイズが大きくて旨味もあり非常に好評です。
    アラスカ産は流氷でプランクトンが豊富にエサが運ばれる事から北海道産やロシア産と比べても一回り大きいものが多く他の産地よりも比較的安価で手に入るので、大きなタラバガニを割安で食べられるというメリットも御座います。
    どうしてアラスカ産が安いのかと言うとアラスカでは禁漁区がほとんど設定されておらず、漁を盛んに行うことができるので安定的に輸入が出来るのがポイントでしょう。
    ですが、基本的に現地で冷凍してから国内へ流通するので業者が見ても品質が分かりずらいなどのデメリットが御座います。

ノルウェー産

  • worldheritage581_1_20120310134710
    ノルウェーにはもともとタラバガニは生息はしておりませんでした。しかし、数十年前に旧ソ連がバレンツ海(にタラバガニを放流して以降、ノルウェーのフィヨルドにも生息するようになりました。フィヨルドにはタラバガニの天敵がおらず、ノルウェー人もあまりカニを食べないために大量繁殖してしまい生態系を壊している面も御座います。
    タラバガニは一般的に水深30~350メートルの海の底に生息していますが、ノルウェーでは水深の浅いところまで生息しているということですから、かなり深刻な問題にもなっております。そんなノルウェーはタラバガニの輸出を積極的に行っており近年、日本でもノルウェー産のたらば蟹が主流になってきています。
    またロシア産と同じく活きたまま空輸され日本で加工されており、ロシア産と同様に高級タラバガニとして人気があります。

タラバガニの旬

実はタラバガニの旬は一年を通して2回あります。

4月~5月11月~2月
この時期はオホーツク海の流水が去った海明け後になりタラバガニの身が甘くなると言われています。この時期タラバガニは脱皮後に完全に殻が硬くなった状態の「硬ガニ」と呼ばれて一年を通して一番身入りの良い状態と言われています。

タラバガニとズワイガニの違い

寒い季節になると沢山のご家庭で楽しまれるかにですがかに通販サイトで特に人気があるのがタラバガニとズワイガニ、実際にかに通販サイトで購入しようにもどっちのかにの方が良いのか、何を基準に購入すれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回はタラバガニとズワイガニの違いについて比較してみました。是非参考にしてみましょう。

タラバガニとズワイガニを比較

タラバガニとズワイガニの購入で迷っている方の為にタラバガニとズワイガニの違いを表にして比較してみました。
かに通販サイトをご利用の方は是非参考にしてみましょう。

項目タラバガニズワイガニ
生物学上分類ヤドカリ上科ケセンガニ科
甲羅大きくトゲがあるさほど大きくなくつるつるしている
脚の数8本10本
食べ応えがありエビに似た味かに本来の甘味が楽しめる
かにみそ基本的に食べない濃厚で美味しい
産地
北海道周辺。オホーツク海、カムチャッカ、ベーリング海、アラスカ沿岸
アラスカ沖、グリーンランド西岸、北米大西洋、ベーリング海、チリ沿岸。オホーツク海、日本海
平均価格8000円5000円

タラバガニとズワイガニはまずは見た目が大きく違いタラバガニは全体的に大きく、足がとても太いのが特徴です。ズワイガニはタラバガニと比べると体のサイズは小ぶりですが、足が細く長いのが特徴です。
見た目の違いとしてはそれぞれのかにが分類上異なることによって違いが表れております。
タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類され、分類上はカニではなくヤドカリの仲間です。
それに対して、ズワイガニはエビ目カニ下目クモガニ科に分類されますからかにの一種に分類されております
このようにそもそもの分類が違う為、味や見た目なども大きく違ってくる事が納得できるでしょう。

タラバガニの解凍方法

タラバガニを解凍する場合は室温で解凍するのではなく冷蔵庫の中でゆっくりと時間をかけて解凍を行いましょう、解凍時間は大きさによってことなりますが12時間から24時間程度を目安になるべく時間に余裕を持って解凍しましょう。室温などで急速に解凍してしまいますとタラバガニの旨味エキスが流れ出てしまい身がパサパサになってしまいますので注意が必要です。

  • タラバガニ解凍の目安となる時間

    冷凍タラバガニ
    タラバガニの姿
    約24時間
    タラバガニの脚
    約18時間
    加熱調理を行う場合
    約6~12時間
    ※焼き蟹や鍋などの調理に使う場合は半生で調理するようにしましょう。

冷蔵庫でタラバガニを解凍する場合は乾燥を防ぐ為に新聞紙とキッチンペーパーで包んで水切りパットを入れさらにビニール袋に入れると万全でしょう。この時包み紙は濡れてきますがこれはタラバガニのエキスが流出しているのでは無くタラバガニ表面に付いた氷が解けているだけですので心配は無用です。
タラバガニの脚を解凍する場合はその日に食べる分だけを解凍しましょう、再度冷凍してしまいますと品質が低下してしまいます。
またタラバガニでかに鍋を行う際は冷蔵庫で6時間から12時間程度の解凍時間で半解凍の状態にして調理するのが丁度良いでしょう。焼き蟹の場合は完全に解凍を行いましょう。

冷蔵庫を使った解凍方法

タラバガニを冷蔵庫の中で解凍する際に注意したいのが乾燥を防ぐ事です。方法としては新聞紙とキッチンペーパーでかにを包みこみ水切りパットを入れ最後にビニール袋に入れましょう。解凍途中に包み紙が濡れてきますがこれはかに表面についた氷が流れ出ているだけですので問題は御座いません。
またせっかく解凍したのに余った分を再度冷凍身がパサパサになってしまい味が落ちてしまいます。
また食事の時間までに解凍がどうしても間に合わない場合はビニール袋にタラバガニを入れ流水を30分程あてて解凍を行いましょう。いくら時間がないからと言っても電子レンジで解凍するのは絶対に避けて下さい。

タラバガニのさばき方

タラバガニが茹で上がるまたは解凍が済んだらさっそく毛がにをさばいてみましょう。慣れている方は素手でさばく事も出来ますが、タラバガニは他のかにと比べても小さいので初めての方はキッチンバサミを使用して頂く事をおすすめしております。
またタラバガニをさばく際に用意しておきたいものは

xgQb0IAiCXhHzsL1494578736_1494578886

以上の3点を用意しておきましょう。
軍手はタラバガニをさばく際に怪我をしない為に着用し新聞紙はタラバガニの汁などでテーブルが汚れるのを防ぐ為に準備しておきましょう。

脚を切り離す

  • タラバガニの食べ方1
    タラバガニの足を広げて切りやすくしましょう、タラバガニの足の付け根にある間接部分にキッチンバサミを入れタラバガニの胴体から足を切り離します。この時、ハサミを入れても中々切り離せない場合は無理に切り離そうとせずに別の角度から再度ハサミを入れましょう。無理に切ろうとすると怪我の元となります。
    また慣れている方であれば素手で胴体と脚を切り離す事も可能です。

ふんどし・甲羅を外す

  • タラバガニの食べ方2
    タラバガニの足を胴体から全て切り離したらタラバガニの頭を下にし裏返した状態でタラバガニの前掛け部分(フンドシ)に親指を入れ外しましょう、この時に前かけ部分が固い場合は解凍が十分に出来ていない可能性があります。
    そして前かけ(フンドシ)部分を外したら甲羅の付け根部分に穴があります、そこに親指をかけて甲羅を外しましょう、またタラバガニのかに味噌は食べる事が出来ない為、茹でる前にすでに抜かれているのことが殆どです。こちらもふんどし同様に解凍がしっかり済んでいれば取り外しが簡単に行えます。

ガニを取り出す

  • タラバガニの食べ方3
    タラバガニの甲羅を取り外した場所に胴体部分には「がに」と言う魚のエラに相当するものがありますがこちらの部位は食べる事が出来ないので取り外しておきましょう。がにはついたままでも大丈夫ですが外しておくと胴体の身がより取り出しやすくなります。
    また素手でがにを取り外すことも出来ますがキッチンバサミを使うとより綺麗に取り外す事が出来るでしょう。

脚の殻を剥がす。

  • タラバガニの食べ方4
    タラバガニの殻を剥きやすくするためにタラバガニの足を関節から2つに切り分けましょう、もしも硬い部分に当たってしまってなかなか切れない場合は無理をせず柔らかい部分を探してきちんと切り分けます。
    全ての脚を切り分けたら殻にハサミを入れ丁寧に剥がしていきます。
    キッチンバサミを使って脚の下の部分(トゲが少なく柔らかい)ところに少しずつ切り込みを入れていくのがポイントです。

胴体の身を取り出す

  • タラバガニの食べ方5
    タラバガニの胴体を包丁で真ん中から2つにします、胴体はぐらぐらと不安定ですので慣れていない方はキッチンバサミでゆっくりと少しずつ切ります。
    もともと脚がついていた部分が筒状になっておりその部分にハサミを立てに入れ切り込みを入れましょう。この部分はタラバガニの胴体の身が沢山詰まっています。しっかりと切り分ける事でかなりタラバガニの身が食べやすくなります。

タラバガニの美味しい食べ方

タラバガニを茹でてそのまま頂くのも良いですが他にも美味しく頂く方法が沢山御座います。具体的にどのような食べ方あるのでしょうか?確認してみましょう。

  • タラバガニのちゃんこ鍋

    タラバガニのちゃんこ鍋
    手順①
    ねぎは5㎝程の長さにきりにんじんと大根は4㎝の長さで1㎝角の拍子切りに、キャベツは食べやすいようにちぎり小松菜はざく切りにし白身魚も食べやすいサイズに切る
    手順②
    あじだんごのあじはフードプロセッサーまたは粘りが出るまで包丁で細かくたたき残りの材料をボウルに入れ粘りが出るまでよく練りまぜる
    手順③
    土鍋に水6カップと大根、ニンジンを入れて煮、あじだんごをスプーンで1口大にまとめて入れ弱火で5分ほど煮る。
    手順④
    塩を大さじ1、醤油こさじ1で味をととのえかにと残りの具材をいれ煮えたものから食べていきましょう。
【材料】

白身魚2切れ・タラバガニの脚(適量)・あじの三枚おろし2~3尾・卵1個・長ねぎのみじん切り2分の1本・しょうがのみじん切り適量・みそおおさじ2・酒、醤油、ごま油、おおさじ1・塩小さじ2分の1・長ねぎ1本・にんじん2分の1本・大根4㎝・キャベツ4分の1本・小松菜2分の1

  • タラバガニの天ぷら

    タラバガニの天ぷら
    手順①
    タラバガニの脚は関節分の殻を残して剥き身にして水気を拭き取りましょう。
    手順②
    天ぷら粉と水を混ぜ合わせます。
    手順③
    タラバガニのむき身に天ぷら粉をまぶし手順②で作った天ぷら粉につけ焼く180度の油で30秒~1分揚げ挙げれば完成です
【材料】

タラバガニ1肩・天ぷら粉120g・水200ml・揚げ油適量・塩適量・かぼす4分の1個

  • タラバガニのかにしゃぶ

    タラバガニのかにしゃぶ
    手順①
    昆布を2~3枚あらかじめ水に2~3時間程つけ置きしその後火にかけ沸騰直前に必ず昆布を取り出しましょう。もし昆布でダシを取る時間がないのであればスーパなどで売られているかに鍋のダシを購入しましょう。
    手順②
    昆布でダシを取った鍋にかつおだし大さじ1杯、薄口しょうゆ大さじ2杯、みりん大さじ2杯、料理酒大さじ2杯を入れここにかにの脚先や胴体など食べにくい部分をいれる
    手順③
    かにのダシが取れた鍋に白菜、ねぎ、春菊、にんじん、椎茸、えのきだけ、豆腐を入れます。野菜は硬く火が通りにくいものから入れていくと丁度良く煮込む事が出来ます。
    手順④
    かにを鍋に入れ火を通しすぎないぐらいでポンズに付けて頂きます。具材が無くなったらご飯を入れ再度沸騰させとき卵を入れてかき混ぜ刻みネギを入れポン酢で味を調えれば〆の雑炊の完成です。
【材料】

タラバガニの脚×12本・豆腐1丁・椎茸4枚・えのきだけ1袋・ねぎ1本・春菊1把・白菜1/4・にんじん1本

タラバガニ通販おすすめランキング

  • 第1位 幻の5Lタラバガニ超特大サイズ (1㎏超)

    5Lタラバガニ
    原産地
    ロシアまたはアラスカ
    おすすめの食べ方
    焼きガニ・かに鍋・タラバガニの天ぷら・かにしゃぶ
    特徴
    身が引き締まっている・食べ応え抜群・身が分厚く海老に似た味
    商品詳細ページ
    購入ページ

超特大5Lサイズタラバガニの大きさはまさに幻級!身入りは抜群で品質・味わいはお墨付き!!
本州ではお目に掛かる事の出来ない超特大タラバガニ、このタラバガニは一度口にしてしまうと他のタラバガニが食べられなくなるほど身の引き締まり、肉質、上質な香りどれをとってもピカイチです。

  • 第2位 2Lタラバガニ特大サイズ (800g)

    2Lタラバガニ
    原産地
    ロシア(オホーツク海)
    おすすめの食べ方
    焼きガニ・かに鍋・タラバガニの天ぷら・かにしゃぶ
    特徴
    身が引き締まっている・食べ応え抜群・身が分厚く海老に似た味
    商品詳細ページ
    購入ページ

毎年収穫量が減り価格が高騰しているタラバガニを赤字覚悟でお安くご提供、全長40㎝を超えるド迫力でもちろん味も身の引き締まり食べ応えどれをとっても一級品!高級料亭・大手ギフトカタログ・百貨店の物産展など限られた大手販売所のみ流通するタラバガニをらっしゃいかに市場では通販にてご自宅へご提供致します。

  • 第3位 生タラバガニポーション (1㎏)

    生タラバガニポーション
    原産地
    ロシア(オホーツク海)
    おすすめの食べ方
    かにしゃぶ・刺身・かに鍋・バター焼き
    特徴
    調理が簡単な為、お子様でも食べやすい・捨てる部分が少なく後片付けも簡単
    商品詳細ページ
    購入ページ

食べ応えのあるタラバガニを贅沢にポーションとしてご提供、殻が剥いてある状態でご自宅へ届くので手間が省けて調理も簡単、贈り物にも最適です。
またかにポーションと言えばお鍋やしゃぶしゃぶにも最適で上質な風味・甘味が楽しめもちろん味も別格で食べた後のお掃除も簡単です。