かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > 毛ガニ通販ランキング2016

毛ガニ通販ランキング2016

854d3980e7a08393ddfa304193c33c60

毛ガニと言えばかに通販サイトの中でもリピーターが多く冬の味覚としてとても身近な食材の一つです。
寒くなるにつれ毛ガニを食べる機会も多くなると思います。毛ガニをスーパーや専門店で購入するのも良いですがやっぱり本場のかにをご自宅で食べたいという方にはかに通販サイトで購入するのがおすすめでしょう。そして今回らっしゃいかに市場でかに通販をご利用される方の為に当店が取り扱う毛ガニの人気商品をランキング形式でご紹介!ギフトやお歳暮などお悩みの方は特に必見です!

目次
  1. 毛ガニ通販ランキング
    1. ─1位
    2. ─2位
    3. ─3位
  2. 毛ガニとは
    1. ─毛ガニの特徴
  3. 毛ガニ通販で知っておきたい事
    1. ─毛ガニの資源保護
    2. ─毛ガニの産地と旬
  4. 毛ガニの解凍
    1. ─毛ガニの解凍方法
    2. ─毛ガニ解凍の目安となる時間
  5. 毛ガニのさばき方
    1. ─脚を切り離す
    2. ─ふんどし・甲羅を外す
    3. ─ガニを取り出す
    4. ─脚の殻をはがす
    5. ─胴体の身を取り出す
  6. 毛ガニの美味しい食べ方
    1. ─毛がにの雑炊
    2. ─毛がにのコロッケ
    3. ─毛がにの甲羅揚げ
  7. 毛ガニ通販まとめ

毛ガニ通販ランキング

毛ガニをかに通販でお取り寄せを検討されている方の為にらっしゃいかに市場で販売している人気の毛ガニをランキング形式でご紹介。かに本来の味と濃厚でクリーミーなかにみそが楽しめる毛ガニは贈り物に最適です。ギフトやお歳暮など大切な方への贈り物でお悩みの方も参考にしてみましょう。

  • 幻の超特大毛ガニ

    特大毛ガニ
    原産地
    オホーツク(ロシア)
    おすすめの食べ方
    焼きガニ、甲羅酒、甲羅揚げ
    特徴
    かに本来の甘味と濃厚でクリーミーなかにみそが楽しめる。
    商品詳細ページ
    購入ページ

超特大サイズのオホーツク海で水揚げされた毛ガニは驚きの大きさ、国内でもあまり出回っていない1キロ越えの毛ガニはなかなかお目に掛かる事が出来ません。もちろんかにみそも普通サイズと比べて3倍ほど詰まっております。
毛ガニ収穫量の4%しか取れない代物ですのでご購入はお早目に!

  • 毛ガニ500g×2尾

    10121156_57fda641eeede
    原産地
    オホーツク(ロシア)
    おすすめの食べ方
    焼きガニ、甲羅酒、甲羅揚げ
    特徴
    かに本来の甘味と濃厚でクリーミーなかにみそが楽しめる。
    商品詳細ページ
    購入ページ

絶品の特選食べ頃毛ガニ500g、身の締り具合かにみその濃縮具合全てにおいて完璧です。料亭や大手カタログギフトにも掲載された本物の毛ガニです。また炭火やグリルで鍋で食べても絶品です。
本場北海道から直送の絶品毛ガニを是非ご賞味下さい。

  • 毛ガニ500g

    09301553_560b86cfceb32
    原産地
    オホーツク(ロシア)
    おすすめの食べ方
    焼きガニ、甲羅酒、甲羅揚げ
    特徴
    かに本来の甘味と濃厚でクリーミーなかにみそが楽しめる。
    商品詳細ページ
    購入ページ

絶品の特選食べ頃毛ガニ500g、身の締り具合かにみその濃縮具合全てにおいて完璧です。料亭や大手カタログギフトにも掲載された本物の毛ガニです。また炭火やグリルで鍋で食べても絶品です。
本場北海道から直送の絶品毛ガニを是非ご賞味下さい。

毛ガニとは

毛がには甲羅が15㎝ほどでタラバガニやズワイガニと比べ比較的に小さい蟹で呼び名の通り全身が毛でおおわれややずんぐりとした見た目をしており毛ガニをあつかう通販サイトでは比較的高値で販売されかにの中でも高級品として有名です。

大きさ食べ応え
★★★☆☆3
★★★☆☆3
★★★★★5
  • 毛がにの特徴

    毛がにの特徴
    生息域
    海水生。朝鮮海峡、島根県以北日本海、茨城県以北太平洋、北海道。サハリン、オホーツク海、千島列島、カムチャッカ、アラスカ沿岸。
    市場での評価
    活け、茹でがになどで年間を通じてしている。値段は大きな変動がなく比較的安定して取引され高級なかにのひとつでありロシアなどからの輸入量も少なくない。
    生態
    交尾期は7月から翌年の3月。
    雄は雌を抱えて脱皮を促し精子を注入後、生殖孔に栓をする。卵は1年で成熟し産卵期に受精して生み出され産卵期は釧路以西では7月〜8月と11月〜翌年4月とされ噴火湾では1月〜3月。
分類
エビ目カニ下目クリガニ科に分類されるカニの1種。
学名
Paralithodes camtschaticus
外国名
Horsehair crab
基本情報
北日本でタラバガニと並び非常に人気のあるかにで特に北海道では人気が高く日本海、東北以北の太平洋側でまとまって漁獲されている。
現在では高級な蟹として定番となっているが以前は肥料として使われ不遇の時代があったのも事実であり知名度を上げたのはデパートなどでの物産展などで販売されそれ以降人気が高くなり現在ではズワイガニなどよりもとれる量が少ない事からもっとも高級な蟹とされている。

毛ガニ通販で知って起きたい事

毛ガニを通販でお取り寄せする際にいくつか知っておくべき事が御座います。まずは毛ガニについて良く知っておく事で毛ガニを通販でお取り寄せする為のポイントと言えるでしょう。下記では毛ガニの水揚げ量や旬の時期、産地をご紹介致します。

毛ガニの資源保護

毛ガニはかつて大量に漁獲されており畑の肥料として殆ど消費され不遇の時代を送っていたかにとされております。ですがデパートなどで行われる物産展などで人気に火が付き徐々に本州でも消費されるようになり一気に高級品の仲間入りを果たしました。
しかし今では最盛期10分の1程に減ってしまいました。
年々毛ガニは減少しており再生へ向けての資源保護が必要となり現在では様々な厳しい規制が行われています。
漁獲方法は傷付けずに生け捕りできる蟹かご漁に限定されメスガニ、甲長8cm未満、そして脱皮直後のカニ(水ガニ又は軟甲ガニ)は海へ戻され、漁のできる船の隻数、漁期中の水揚げ総量、1隻が使えるカゴの数にいたるまで沢山の規制が施されております。

  • 毛ガニの産地と旬

    毛がに北海道産地
    オホーツク海
    3~6月
    噴火湾産
    7~8月
    道東産
    9~11月
    えりも産
    12~2月

毛がにの旬は水揚げされる場所によって違うため冬と言う人もいれば夏だと言う人もいます。しかしそれぞれの産地で獲れる時期が旬と言われておりますので基本的には春から夏にかけてはオホーツク産、夏は胆振や白老町など噴火湾、秋は釧路および根室沿岸、冬は十勝沿岸となり岩手は冬の時期が旬とされております。
ですので産地以外の地方にいる方は活けやボイル、冷凍など様々な形で流通しているものを常に旬の産地お取り寄せし一年中を通して美味しい毛がにが食べられるのでもちろんかに通販サイトでも新鮮でおいしい毛ガニがお取り寄せ出来るのです。

毛ガニの解凍

毛ガニを通販で購入した際は殆どの場合冷凍で商品が届くのでご自身で解凍を行う必要があります、この解凍作業が重要で方法を間違えてしまうと毛ガニ本来の味が失われてしまいます。ではどのように解凍を行えば良いのでしょうか?

毛ガニの解凍方法

毛ガニを解凍する場合は室温で解凍するのではなく冷蔵庫の中でゆっくりと時間をかけて解凍を行いましょう、解凍時間は大きさによってことなりますが12時間から24時間程度を目安になるべく時間に余裕を持って解凍しましょう。室温などで急速に解凍してしまいますと毛ガニの旨味エキスが流れ出てしまい身やかにみそがパサパサになってしまいますので注意が必要です。

  • 毛ガニ解凍の目安となる時間

    冷凍毛ガニ
    毛ガニの姿
    約24時間
    加熱調理を行う場合
    約6~12時間
    ※焼き蟹や鍋などの調理に使う場合は半生で調理するようにしましょう。

冷蔵庫で毛ガニを解凍する場合は乾燥を防ぐ為に新聞紙とキッチンペーパーで包んで水切りパットを入れさらにビニール袋に入れると万全でしょう。この時包み紙は濡れてきますがこれはタラバガニのエキスが流出しているのでは無くタラバガニ表面に付いた氷が解けているだけですので心配は無用です。
また毛ガニでかに鍋を行う際は冷蔵庫で6時間から12時間程度の解凍時間で半解凍の状態にして調理するのが丁度良いでしょう。焼き蟹の場合は完全に解凍を行いましょう。

毛がにを解体する

毛がにが茹で上がるまたは解凍が済んだらさっそく毛がにをさばいてみましょう。慣れている方は素手でさばく事も出来ますが、毛がには他のかにと比べても小さいので初めての方はキッチンバサミを使用して頂く事をおすすめしております。
また毛がにをさばく際に用意しておきたいものは

キッチンバサミ・新聞紙・軍手
キッチンバサミ・新聞紙・軍手

以上の3点を用意しておきましょう。
軍手は毛がにをさばく際に怪我をしない為に着用し新聞紙は毛がにの汁などでテーブルが汚れるのを防ぐ為に準備しておきましょう。

脚を切り離す

  • 毛がにの脚を切り離す
    まず毛がにを裏返しにしお腹の部分を上にします(仰向けの状態)毛がにの殻のやわらかい関節部分(脚の付け根)にハサミを入れて切り離しましょう。この時に中々切れない場合は再度別の方向からハサミを入れてみましょう、無理に切ろうとすると失敗をする元になります。
    また蟹をさばくのになれている方であれば関節を回して素手で甲羅と脚を切り離す事も可能です。

ふんどし・甲羅を外す

  • 毛蟹のふんどし、甲羅
    毛がにの甲羅と脚の切り離しが完了したら甲羅を裏返しにしお腹の部分にある三角形の部分(ふんどし)に親指を入れ取り外しましょう。ふんどしが取れない場合はハサミでふんどしの根本を切り取っても大丈夫です。
    次にふんどしを取り外した部分に穴あると思います。そこへ先程と同じように親指を入れ甲羅を外します。ここでしっかりと解凍が出来てない場合、甲羅がなかなかはずれないので注意が必要です。またこの時にかにみそが流れ出ないように甲羅を下にしておくのもポイントです。

かにみそ・エラを取り出す

  • 毛がにのエラ
    毛がにの甲羅を取り外した場所にかに味噌が沢山つまっています。胴体部分についたかにみそもスプーンなどですくい綺麗に甲羅へ移しましょう。甲羅の内側に白っぽい薄皮も付着していますがこれも食べる事が出来ます。また胴体部分には「がに」と言う魚のエラに相当するものがありますがこちらの部位は食べる事が出来ないので取り外しておきましょう。
    ※万が一食べてしまっても体に害は御座いません。

脚の殻を剥がす。

  • 毛がにの殻を外す
    毛がにの殻を剥きやすくするために毛がにの足を関節から2つに切り分けましょう、もしも硬い部分に当たってしまってなかなか切れない場合は無理をせず柔らかい部分を探してきちんと切り分けます。全ての脚を切り分けたら殻にハサミを入れ丁寧に剥がしていきます。
    この時にキッチンバサミを使って毛の少ない内側に2本切れ目を入れ切り離すのがポイントです。

胴体の身を取り出す

  • 毛がにの胴体
    毛がにの胴体を包丁で真ん中から2つにします、胴体はぐらぐらと不安定ですので慣れていない方はキッチンバサミでゆっくりと少しずつ切ります。
    胴体を二つに分けたらもともと脚がついていた部分が筒状になっていると思います。そこに身が沢山詰まっているので画像のように縦にハサミをいれましょう。またこの部分にはかにみそも付着しているので残さないように食べましょう。

毛ガニのさばき方

かに通販サイトでお取り寄せした毛ガニを茹でてそのまま頂くのも良いですが他にも美味しく頂く方法が沢山御座います。具体的にどのような食べ方あるのでしょうか?確認してみましょう。

  • 毛がにの雑炊

    毛がにの雑炊
    手順①
    ごはんをザルに入れ、水で洗って粘り気を取り除いた後に水気をよく切る。
    手順②
    水・本だし・酒・醤油を鍋に入れ軽く沸騰させダシを作りましょう。だし汁は少し塩を強めに作るのがポイントです。
    手順③
    ダシを取った鍋に手順①で作ったごはんと毛がにの身を入れて弱火で煮ましょう。
    手順④
    ほぐした卵を鍋のまわりから中央に円を描きながら流しいれ火を弱めましょう。さらに1cm長さに切った三つ葉を散らしたらフタをし卵が半熟状態になったら火を止めれば完成です。
毛がにや野菜の旨味が溶け込んだダシで作る雑炊は非常に美味しくまたお腹にもやさしいのでかにを食べた後に残った身で作ってみるのも毛がにを楽しむ一つの方法と言えるでしょう。比較的簡単に作る事ができるのでかに身が余った際など挑戦してみてはいかがでしょうか?
  • 毛がにのコロッケ

    毛がにのコロッケ
    手順①
    毛がにから身を取り出します軟骨を取り除いたら玉ねぎをみじん切りにし塩コショウで味を調えます。
    手順②
    フライパンにバターを入れて弱火で溶かし溶けたら小麦粉を入れて焦げないように気をつけて炒め玉ねぎ、牛乳を入れてトロミが出てきたら毛がにの身を入れて塩とコショウで味を整えます。
    手順③
    手順②で出来たものを冷蔵庫冷やし固まったら均等に分けていきましょう。手に油を付けて丸め小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけていきます。
    手順④
    180℃の油で表面がキツネ色になるまで揚げます。コロッケの中は火を通してあるので表面が色付けば最後に器に盛りつけて完成です。
毛がにを使ったコロッケはアツアツのとろりとした濃厚なクリームが口の中に広り非常に美味しい調理方法です。
注意しておきたいのが揚げるとき油の温度が低いと中身が出てしまうなど失敗もあり注意が必要ですがしっかりと手順と作り方さえ守ればほとんど失敗する事はないでしょう。
  • 毛がにの甲羅揚げ

    毛がにの甲羅揚げ
    手順①
    かにの胴体と脚から身を取り出して甲羅からかに味噌は掻きだします。
    手順②
    かにみそをすべて取り除いたら甲羅を洗って乾かしておきます。
    手順③
    卵黄をボウルに入れて先程取りだした毛がにの身を入れ小麦粉・砂糖・塩を入れて良くかき混ぜます
    手順④
    最初に乾かしておいた毛がにの殻の内側に片栗粉を振り手順2で作ったものを適量詰め込み表面にも片栗粉を振って180度の油で揚げます揚げている途中に5回~6回箸でつついて火の通りを良くするのもポイントです。
毛がにの甲羅揚げはなかなか手間の掛かる料理で非常に美味しいのですがはじめて挑戦する方はレシピ通りに作ってみてもうまくいかない出来ないなんて事もあるでしょう。まずはかに料理専門店で実際に甲羅揚げを食べてみて完成品のイメージを固めておく事が重要です。毛がにの甲羅揚げは手間は掛かりますが上手に出来ればご自宅でかに料理専門店の味を楽しむ事が出来ます。

毛ガニ通販まとめ

今回はかに通販で人気の毛ガニや美味しい食べ方などをご紹介しました。かに通販でおいしい毛ガニをご家族、ご友人と楽しめるよう是非参考にしてみましょう。