かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > 上海蟹とは?

上海蟹とは?

g3AsIwbsJqbbo7L1455006999_1455007072

かに通販サイトでは中々取り扱いがない上海蟹ですが一体上海蟹とはどの様な蟹なのでしょうか?確認してみましょう。

上海蟹はどんな蟹?

上海蟹は中国または朝鮮半島東岸部原産のイワガニ科のカニの一種で本来の名前は「シナモズクガニ」と呼ばれていましたが今現在日本では上海蟹との呼び名が定着しています。この上海蟹は上海、香港などで秋が旬とされる重要な食用種ですがその一方でアメリカやヨーロッパでは外来種として問題にもなっています。

上海蟹の旬の時期

上海蟹のオスとメスにはそれぞれ美味しい旬の時期があり10月~11月は蟹味噌と卵をバランスよく蓄えたメスの上海蟹の美味しく食べられる旬の時期です、11月下旬頃になると上海蟹のメスは卵が多くなり蟹味噌が少なくなってしまいますが逆にオスは11月下旬頃からオスは白子を沢山抱かえる様になり12月下旬頃から翌年の1月位までオスは美味しく食べられる旬な時期になります。これらをまとめると

・前半は上海蟹のメスが美味しく食べられる旬の時期

・後半は上海蟹のオスが美味しく食べられる旬の時期

となります、これだけ覚えておけば旬の上海蟹を美味しく食べる事が出来るので是非覚えておきましょう。

上海蟹の食べ方

上海蟹は日本のかにと同様そのまま蒸して甲羅をはずして召し上がります。蒸す時間は大きさによりますが大体25分~40分程かかります。食べ方としては小さめのかにスプーンでかに身や蟹味噌、卵をすくっていただくのですがズワイガニなどに比べてサイズが小さいのでかに身を獲りだす作業は非常に今季の必要となる作業となりますのでキッチンバサミなどを用意しておくのも良いでしょう。

また上海蟹の代表的な料理として「酔蟹」というものがあります。これは活きたままの上海蟹を醤油などの調味料を加えた老酒に付けたものでまさに珍味中の珍味です。

都内で上海蟹を美味しく食べられるお店

1:富麗華 【東麻布】

富麗華

味、調度、接客ともに上質な中国料理店。レトロチャイナの雰囲気を醸すダイニングや庭を望む個室で、生演奏の筝や二胡をBGMに優雅な食事が楽しめます。名物の北京ダックや上海蟹はファンの多い逸品!

【おすすめプラン】
食べログで確認

【電話番号】
03-5561-7788

【営業時間】
ランチ
11:30~14:00
ディナー
17:30~22:00

【定休日】
無休

【アクセス】
麻布十番駅 徒歩3分

【住所】
東京都港区東麻布3-7-5

2:光春 【下北沢】

光春

井の頭線池ノ上駅前にある台湾料理店、ヘルシーなやさしい味の台湾料理が味わえます上海蟹を使った黄色いかにみそのタレで頂くかにみそのリゾットはまさに絶品です。

【おすすめプラン】
食べログで確認

【電話番号】
03-3465-0749

【営業時間】
18:00~1:00

【定休日】
火曜日

【アクセス】
井の頭線池ノ上駅から徒歩1分
下北沢駅から徒歩5分

【住所】
東京都世田谷区代沢2-45-9

3:新世界菜館 【神保町】

新世界菜館

上海蟹を始めとする四季折々の旬の味覚をふんだんに取り入れた上海旬彩料理をお楽しみいただけます。

【おすすめプラン】
食べログで確認

【電話番号】
03-3261-4957

【営業時間】
月~土
11:00~23:00

日・祝
11:00~21:00

【定休日】
なし

【アクセス】
地下鉄 都営新宿線 三田線 神保町駅下車A3出口右側神保町駅から95m

【住所】
東京都千代田区神田神保町2-2 新世界ビル