かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > ズワイガニと紅ズワイガニの違い

ズワイガニと紅ズワイガニの違い

MBtuB5oJ4T9sSE31454490813_1454491098

地域によって様々なブランドがあるズワイガニですがインターネットのかに通販サイトで見かける紅ズワイガニとはどの様なかになのでしょうか?今回はズワイガニ紅ズワイガニについて解説致します。

ズワイガニと紅ズワイガニ

沢山の呼び名があるズワイガニですが一般的にズワイガニと言うと「本ズワイガニ」の事を言いますしかし本ズワイガニでなくとも通販などで出回っている事がありこれらの殆どが「紅ズワイガニ」なのです。

紅ズワイガニとは?

紅ズワイガニの名前の由来は茹でていないのに赤い事から紅ズワイガニと呼ばれるようになりました。

生息域は茨城県よりの北太平洋側と日本海側の深海に生息しており一時は非常にたくさん獲れていた為むき身など大量に加工を行いインスタント食品や冷凍食品にも多様されていました、築地などの市場では紅ズワイガニの姿そのままよりかにのフレーク、かに棒、加工品のコロッケなどに加工され売られているのが普通なのです。

ズワイガニと紅ズワイガニの違い

【生息域】
紅ズワイガニは本ズワイガニに比べて水深の深い深海500m~2700m程に生息している深海性のかにでそれに比べ本ズワイガニは水深200m~400mに生息していますので紅ズワイガニは本ズワイガニに比べかなり水深の深い所に生息しているのが分かります。

【ブランド名】
紅ズワイガニに比べズワイガニには越前がに・加納がに・松葉がに・間人がに・津居山がになど様々なブランド名があり色違いのタグが付けられています。

【茹でる前の色】
生の本ズワイガニの甲羅は茶色い色をしており、紅ズワイガニは茹でる前から赤い色をしています。

【食べ方】
紅ズワイガニは茹でて食べるのが一般的ですが本ズワイガニは鍋・刺身・天ぷらなど様々な食べ方があります。

【漁獲の方法】
・本ズワイガニ 底引き網漁
・紅ズワイガニ 籠漁

ズワイガニの仲間としてオオズワイガニと言われるものもいます。このオオズワイガニはズワイガニに非常に似ている為、余程かにに詳しい方でないと見分けがつきません。ではオオズワイガニとはどんなかになのでしょうか?

オオズワイガニとは?

オオズワイガニは名前の通りズワイガニより少し大きく日本海には生息していない種類で太平洋やベーリング海で水揚げされロシアやカナダ方面から輸入されています。 ズワイガニと比べて若干味が劣るともいわれていますがそこまで大きく違わないと思われます。このオオズワイガニは一般的に販売される時はズワイガニとの区別がされない事から知らないうちにオオズワイガニを食べている方もいらっしゃると思います。

オオズワイガニ

ズワイガニとオオズワイガニの見分け方

その1:甲羅
ズワイガニはオオズワイガニに比べ甲羅が縦長でオオズワイガニはズワイガニに比べて甲羅の横幅が長くなっております。またズワイガニの甲羅にはカニビルの卵がついていますがオオズワイガニにはカニビルの卵がついていません。

その2:歯の形
ズワイガニの歯の形は横に一直線ですがオオズワイガニの歯はアルファベットのM字形の様になっています。