かに通販なららっしゃいかに市場

お気軽にお問い合わせ下さい│03-3377-6886
らっしゃいかに市場 > 記事一覧 > ズワイガニの産地と種類

ズワイガニの産地と種類

31

ズワイガニとは

ズワイガニは山口県から北の日本海、茨城県沖から北の太平洋、オホーツク海からベーリング海にわたって生息しており水深は200m~600mを中心に50m~1200mの海底とされています。
またズワイガニによく似たもので「紅ズワイガニ」と「大ズワイガニ」があり間違えないよう注意が必要です。

ズワイガニのオスとメス

ズワイガニはオスとメスで一般的に呼び名が違いズワイガニのオスは「松葉ガニ」ズワイガニのメスは「コッペ」と呼ばれています。またズワイガニは漁獲される地域によって呼び名が違うことでも有名です。では他にどのような呼び名があるのでしょうか?
zu

ズワイガニ産地別の呼び方

【オス】
・松葉ガニ
松葉ガニは京都府・兵庫県・島根県・鳥取県の山陰地方で水揚げされるオスのズワイガニの呼び名で島根・鳥取ではメスを「親ガニ」また「子持ちガニ」と呼んでいます。また、脱皮してすぐの殻が柔らかいオスを「若松葉ガニ」と呼んでいます。

・間人ガニ
京都北部の丹後半島にある間人(たいざ)港で水揚げされる松葉ガニを「間人(たいざ)ガニ」と呼びます。京都府の最北端経ヶ岬の沖合いを漁場とし、日帰りで漁をして獲ったその日のうちに競りにかけられる事で有名です。他のカニに比べて鮮度が良く身詰まりや大きさ、重量、傷、色つや、形の良し悪し、成長の度合いなどの全ての条件を満たしたものだけが「間人ガニ」と呼ばれ緑の証明タグが取り付けられます。

・越前ガニ
越前ガニは越前港や三国港など越前海岸にある主要の港で水揚げされたオスのズワイガニの呼び方です。この越前ガニは明治時代から取れたカニを天皇に献上している為に「献上ガニ」として全国的に有名です。また越前ガニは一目でわかるように黄色いタグがカニの腕につけられています。

・加納ガニ
加納ガニは橋立漁港や金沢港など石川県内の加賀、能登の漁港で水揚げされたオスのズワイガニで2001年に命名されました。また加納ガニは腕に青色の証明タグが付けられています。

【メス】
コッペ:京都
セコガニ:京都・福井・兵庫・鳥取
オヤガニ:鳥取
コウバコ:石川

ズワイガニのオスとメスの大きさ

ズワイガニのオスは大きいもので甲羅の幅が約15㎝程になり一方メスのズワイガニの甲羅の幅は7㎝~8㎝程度です。なぜズワイガニのオスとメスではどうしてこのように大きさが違うのかと言うとカニやエビの甲殻類は脱皮を繰り返して大きくなりますがメスガニは7~8㎝程の大きさになると成熟して産卵を行います。メスガニは産卵を行うと脱皮をしなくなりそれ以上大きくなりません。
それに対してオスガニは脱皮を繰り返してどんどん大きくなるのでオスとメスでは甲羅の大きさが全く違うのです。
またズワイガニのオスとメスは別物と扱われており価格も高価なオスに対してメスは比較的手頃な価格で販売されています。

ズワイガニの仲間

ズワイガニの仲間は「ズワイガニ属」と呼ばれており現在では5種ズワイガニ属が報告されています。なお国内で食用とされているものはズワイガニ、大ズワイガニ、紅ズワイガニの3種です。

・ズワイガニ
国内ではもっとも有名なズワイガニの代表種で日本海、オホーツク海、北太平洋沿岸域などの広い範囲で生息しています。
近年ではカナダ、アラスカ、ロシアなど海外から沢山のズワイガニが輸入されています。

・大ズワイガニ
名前のとおりズワイガニより大きく、脚はズワイガニに比べて若干太くて短いのが特徴的でベーリング海、アラスカ沿岸域、国内では北海道に生息しておりメスの漁獲は禁止されています。

・紅ズワイガニ
呼び名の通りズワイガニよりも赤みを帯びており甲羅のうしろ部分の傾斜がズワイガニや大ズワイガニよりも急になっているのが特徴です。日本海の水深500m~2000mの海底に生息しておりオスだけが漁獲の対象でメスの漁獲は禁止されています。

・トゲズワイガニ
トゲズワイガニは米国オレゴン州からアラスカ州に至る北太平洋、ベーリング海の水深90~3000mに生息しています。しかし現在では漁業の対象ではなく食用としては殆ど流通していません。

・ミゾズワイガニ
米国カリフォルニア州からベーリング海の水深53m~1900mに生息しておりトゲズワイガニ同様に漁業の対象にはなっていません。

ズワイガニの甲羅についた黒いイボ

ズワイガニの甲羅についた黒いイボはカニビルと言うヒルの仲間の卵です。ヒルと言えば血を吸うイメージがありますがこのカニビルはズワイガニに対して何の害もありませんではどうしてズワイガニの甲羅にヒルの卵があるかと言えばズワイガニの生息する海底は柔らかい泥で覆われておりカニビルが卵を産みつける事の出来る場所がありません、そこで卵を産みつける格好の場所となったのがズワイガニの甲羅なのです。実はこのカニビルの有無によって身入りをチェックする事も可能なのです。
例えばかには脱皮を繰り返す生き物です。かには脱皮をすると体内にある栄養を消費しますので身も細くなってしまいます。ですのでカニビルが甲羅についていると言うことは脱皮から時間が経過している為、身入りが良いとされているのです。
kanibiru

らっしゃいかに市場ズワイガニおすすめ商品

幻の超特大ズワイガニ姿1尾1kg超え

sanchoku-samurai_z-009
images (2)

 

 

 

ご注文・お問い合わせはこちら│03-3377-6886